30歳過ぎたら気になってきた

20代の頃は、あっ!白髪だ!!と気づいたら抜いてはそりゃあ20後半にもなれば白髪も生えるかなっと思っていましたが。http://foire-expo-monaco.com/

仕事や家庭で忙しくなり、一日があっという間に過ぎていく日々を過ごし気づいたら30代突入。仕事で着るものが1週間の80%以上を占めて、オシャレに力を注ぐのもそこそこになっていた。

鏡の前に立っている自分を見ると白髪が分かりやすく前髪にあることに気づく、家族や職場の人にも最近、白髪増えたよね!と言われ、

そうなんだよね~。とか

忙しくってね~。とか

お前が心配かけるからね~。笑 とか

軽く流しているけど、20代の頃と比べると圧倒的に多くなっている現状にへこんでいられないのが悲しい現実。

同世代で白髪の話になると①抜いてなかったことにする人、②抜かずに見守り放置する人、③染めて老化を隠す人、それぞれだが私は②に該当する。

そもそも抜いたって、染めたってどうせ止められないのだから無理に毛根を刺激して、髪の毛の量を減らしたくないのだ。あと、もしかしたら白髪がいい感じに生え揃っていい感じの紳士っぽくなれるのではと都合のいい想像もしたりする。これから増加していくであろう白髪と今後もどのように付き合っていけばよいのか悩みは消えないのだろうなと考えてしまう。

30代に入ってからの髪のケア

年齢を重ねると必ず訪れる白髪の出現…
32歳になった私の髪にも、チラホラと白髪が現れ始めました。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価!販売店で市販されている?

元々が細く数もまだ少ないため、友人などに相談しても、どこにあるの?見つからないよ、と言われる程度でしたが、やはり自分は気になってしまいます。
これまで通っていた美容院には白髪染めをお願いできるのか?なんか恥ずかしい気もして、思い切ってヘアカラーだけは新しいお店を探したりしました。
白髪のケアに関しては色々調べましたが現状、白髪を無くすことはできないようです。

生えてしまった白髪とは今後ずっと付き合っていくしかありません。
まず私は気になると自信や姿勢に影響して明るく生活できないので白髪染めをしました。同時に、髪を労るトリートメントをして、頭皮のマッサージなどを積極的に日常的に行い頭皮に対してこれまでにないくらいケアを行うようになりました。
できるだけ頭皮に負担のない自然派のシャンプーやリンスを使うようになりました。

こまめに髪の毛に対してトリートメントを行う機会が増えたせいか、これまで健康だと思っていた黒い毛も、ツヤツヤと生き生きしたように思います。
髪の毛や爪って体の中で栄養が回るのが最後だろう、そこまで気にしなくてもいいやって思っていたのですが、髪に気を使うようになってからは、髪以外の体のメンテナンスも自然と行われているようで、生活が改善しました。