二歳児母30代のリアルな髪型事情

若いころは髪の毛のケアやセットやカラー等、髪型やファッションを楽しめていたと思う。

しかし、30代1児の母となった今は、正直髪の毛のケアまでは手が行き届いていないのが現状だ。

もちろん、髪の毛はもちろんキラキラ輝いた母親もいるとは思う。

だが、私にとっては論外だ。

私には今2歳になる息子がいる。

産後、髪の毛が邪魔になるだろうからと背中まであったロングヘアーをバッサリボブにカットした。

これが裏目にでてしまう。

授乳時に耳にかけた髪の毛が落ちて視界にかかる。

そして、産後の脱毛により床には大量の髪の毛が・・・

三時間おきの授乳、初めての子育て、休みたいときに横になっても部屋の隅に固まって落ちている髪の毛が目に付く。

必要以上に掃除機をかけなくてはいけない。

これならばロングヘアーを前髪もろとも一束にまとめてお団子に結った方が、断然楽ちんだったであろう。

エメリルオイルの効果を検証!

そんな髪の毛事情も息子が二歳ほどになると状況が変わってきた。

美容院へ行ったのは産後にボブヘアーにして以来だったので、また背中ほどにまで伸びていた。

もちろん髪の毛は、前髪もろとも一束にまとめて結うお団子ヘアーに定着してはいたが、私は髪の毛が太くて硬い。

おまけに量が多い。

そして、ボブにしたときに明るめのカラーにしていたので、髪の毛の色も上と下とでは全く色が違う。

コロナが少し落ち着いた頃合いをみて美容院へと足を運んだ。

背中まである髪の毛をバッサリとカットしてもらった。

せっかく髪の毛を切るので、流行とはかけ離れてはいたが一度やってみたかった前下がりショートにしてもらった。

カラーリングも真っ黒にしてもらった。理由は簡単だ。

次にまたカラーしに行くのがめんどくさいからだ。

美容師さんからは何度も次にカラーが入れにくくなるが、本当に真っ黒でいいのかと何度も聞かれた。

ついでに背中まである髪の毛をバッサリカットしてよいのかも何度も確認された。

何の迷いもない。

剛毛ロングヘアは重たいのだ。

カットした後はとてもスッキリしていて、シャンプーもしやすい。

いつの間にか、おしゃれを楽しむより楽をとるようになっていた。

美容師さんは、あまりの髪の量の多さに形を整えながらすいていくのにとても苦労したと言っていた。

そんな髪型もまた中途半端に伸びて決まらなくなってきた。

いかに楽に、尚且つ綺麗に見える髪型はないものかと奮闘している今日この頃である。

ビビリ毛だった私が艶髪へ変身できた方法

今の時代、周りに髪を染めている人はたくさんいますよね。ノ・アルフレの悪い評価の口コミや悪評などを徹底検証!

私ももちろんその内の一人でした。

10代の専門学生の頃は2周間に一度カラーチェンジをしてみたり(リタッチカラーではないですよ)笑

まさに染毛モンスターとも言える領域に達していたと自分で思います。

頻繁なカラーリングにより私の毛髪はダメージを蓄積していき、ブリーチはしてませんでしたが、なんとせっかく長く伸ばしていた髪がビビり毛に…

20代に入り、私も少し落ち着き1,2ヶ月に一度程度にカラーリングの頻度は減っていきました。

しかしそれでも、カラーリングの髪に与える影響は好ましいものではなくいつもパサパサ、どんなに高価なヘアケア商品を使っても艶髪とはお世辞にも呼べない状態でした。

そんな私が試した打開方法は、カラーリングをやめて地毛のみを伸ばすことでした

どんなに肌が綺麗で容姿端麗でも髪がバサバサチリチリでは魅力半減だと思ったので、髪の色を変えるか髪質かを天秤にかけた結果の判断です

もちろん時間は年単位でかかり、その間のヘアケアや忍耐はデメリットだとは思いますが

メリットとしては美容院代が浮くのでそのお金を何にでも使えますよね!

私は2年かかりましたが、地毛にすべて戻した瞬間そこまで高いヘアケア用品やなんやらを塗りたくらなくてもブローのみでもツヤツヤになったのです!

エクストラでケアをすればそれはもうCMに出れるのではないかと笑

自画自賛しすぎですが笑

私は黒髪でいることに対して嫌悪感がない人間なので、(なんなら黒髪が一番似合っていると思っています笑)そこが気にならないのであれば試してみるのもいいかもしれませんね。

私はいつも、毎日のように髪の毛のことが気になってしまいます。その理由は、髪の毛がものすごくパサパサだからと、髪の毛がものすごくうねうねしてしまっているからなんですよね。どうしようもないというか、もう比べ物にならないくらい辛いです。正直いってとてもつらいですしとてもいやな気持ちでいっぱいです。こんな気持ち誰にもわかってもらえませんし、だれにも相談できません。

プレミオールスターターセット効果

だからますます髪の毛がものすごく大変なことになってしまっているのだと思います。私は常に髪の毛のことばかり考えてしまっていますから、正直もう嫌気がさしています。どうしてこんなになってしまったのだろうかということを感じますし、どうしてこんなにつらい思いをしてしまったんだということを感じています。私はこのままでいいのかということを感じますし、このままではどうすることもできないということを感じています。

どうしたらよい方向に進んでいけるかということを四六時中考えるのも疲れてしまいましたが、どうしたものでしょうか、結構つらいのでどうしようもないというかどうすることもできません。なのでこのままでは後ろ向きになってしまうので、前向きに生きていこうと思っています。

抜け毛について

私の髪の悩みは、抜け毛が多いことです。元から髪の量は多くはありませんでしたが、最近抜け毛が増え、より髪の量が減ってきたように思います。ロングなので伸びたこともあり重力でより減ったりするのかなとも考えました。自宅の床が白色なので抜け毛が落ちると目立ち、1週間もすると抜け毛だらけで本当に落ちている毛が目立つのが悲しいです。

http://www.gazette-tourisme.com/

学生の頃から縮毛矯正やパーマ、デジタルパーマ、カラーなど頻繁にやってしまったことで髪自体が弱って抜け毛が多いのか、自分でカラーもなんどもしてきてしまったので髪が弱くなっているのかなと思っています。

また家系的にも髪の量は多くないので、私はまだ20代ではありますが今後どのくらいの量へと変化していくのか今から不安でもあります。

最近SNSの広告で、薄毛は病気ですという投稿を目にし、病気であることで改善できるんだと考えれることは嬉しかったですが、病気というワードにはなんだか悲しくなりました。

ただ現代は、ウィッグやカツラなども多く出ていて、前よりも薄毛を目立たなくする方法は増えてきているようなので良いのかなとは思っています。ですが何をするにしてもお金は必要で、元から髪の多い人を見ると良いなーと思ってしまいます。

縮毛矯正で人生が変わった?!

現在20代前半の専業主婦。http://www.revolutiondining.com/

私は生まれつきの天然パーマ。それも強力な天然パーマでドライヤーやストレートアイロンで整えても時間が経つとすぐに元どおりになってしまう。

小さい頃のアルバムには、くるくるした髪型の自分が写っていて、あの頃のことを思い出してしまうため、あまり見たくないと思うほど悩みの絶えない髪型だった。

当時は私の髪型を馬鹿にする人も多く、コンプレックスを感じていて、親に恨み言を言ったこともあった。見た目に自信が持てず、人前に立つことが苦手になってしまい、なるべく目立たないようにと性格も消極的になっていったように思う。

中学生になり思春期を迎えて、青春を謳歌したいと思うようになり、親に買ってもらったケータイで天然パーマを治す方法を探していた。そんな中で縮毛矯正というものを知り興味を持った。しかし、中学生の私からすると安いものではなく、縮毛矯正をした後の周囲の反応を想像して怖気付いてしまい、親にも縮毛矯正をしたいと言い出すことができなかった。

結局、私は高校入学してすぐの頃に初めて縮毛矯正をした。縮毛矯正をしてからは、朝のセットの時間が格段に減り、何より周囲の目が気にならなくなり、今はヘアカラーやアレンジをして自分の髪が好きになった。

しかし、縮毛矯正を繰り返してきたせいか、最近は持ちが悪くなってきたように感じる。半年に1回がサイクルの目安のようだが、早い時は3ヶ月に1回のペースでかけている時もあった。これから歳を重ねていき、新たな悩みも増えていきそうで、縮毛矯正の使い方も考えなければいけなさそうである。今後も髪の悩みは尽きなさそうだ。

髪が傷んでバサバサのゴワゴワに

朝、鏡を見るのが憂鬱でしかたない。

髪の毛がボサボサだからだ。

クシでとかせばいいんじゃない?と言われそうだが、

わたしの髪はそんな簡単に整えられるような代物ではない。

毎朝、いったいどこから手をつければよいんだろう…と

鏡の前で数秒考えてしまう。

ため息をつきながら、髪をひと房手に取ると、触った感触がもうゴワゴワしている。

もともとくせっ毛なので、髪がうねっているのは仕方ないのだが、それに加えて髪の痛みからあっちこっちへと

毛先が伸びていて、見た感じ、雑草の生えた空き地のようだ。

どうしてこうなってしまったんだろう……

絡んだ髪の毛先を、少しずつブラシでほぐしながら、思い出す。

数年前までは、天使の輪と呼ばれる光沢が出るほど、美しい髪を保っていた。

くせっ毛は縮毛矯正でまっすぐにし、美容師の勧めで、定期的なトリートメントも欠かさなかった。

髪の毛をゴムで束ねようとしても、髪の表面に艶があるものだからすぐに取れてしまうくらいツヤツヤの髪だったのになぁ…

http://river-lab.org/

そんなことをいっていても始まらない。

安い乳液で、髪をしっとりさせながら、わたしの今のパサついた髪をクシでとかしてゆく。

そう、全ては妊娠と出産がきっかけだ。

妊娠初期になると、もうツワリがひどくて、シャンプーとコンデショナーの匂いがダメになってしまった。

トリートメントなんて、そんなものすらしている余裕はない。

仕方ないので、シャンプーは極力少なめで髪を洗い、そのままお湯で流したあとは乾かすのみとなってしまった。

ツワリがしばらくするとおさまったが、今度はお腹が大きくなってきて、髪を洗うのに下を向くのがキツくなってくる。

子供が産まれてからは、いったいいつ風呂に入ったのかわからないくらい忙しくて、眠くて、髪の手入れなんてしている余裕があったら1秒でも寝ていたかった。

そう、子育てが一段落したときにはもう、わたしの髪の毛はガサガサのボサボサになっていたのである。

この痛んだ髪をクシでとかしたところで、気休めにしかならない。

わたしはクシでからんだ髪だけとくと、残りは手ぐしでささっと整えて、あとは後ろに束ねてゴムでひとつ結び。

もう、妊娠、出産してからこの髪型しかしてない、というかボサボサすぎて出来ない。

ああ、もう今からトリートメントしても遅いだろうか。

そんな暇とお金があればなぁ、とときどに髪を手で触りながら考えてしまうのだった。