生活習慣を見直してニキビを改善

ニキビは炎症がひどく重度であれば早めに病院を受診した方が良いですが、顎にいくつかできていて炎症はないなどの軽度であれば生活習慣を少し見直すだけでも改善されます。見直したいポイントは毎日の睡眠時間と水の摂取量です。この2点を気をつけるだけでも肌の状態が良くなります。

http://nagahama-forest.com/

まず睡眠時間ですが、夜は日付が変わるまでに早めに寝て睡眠時間を7、8時間しっかり取ることが大切です。夜更かしをして睡眠時間が足りていないと代謝の働きが悪くなるため、ニキビのもととなる老廃物が体に溜まりやすくなります。

睡眠不足だとニキビができやすいとよく言われるのは代謝が関係しているためです。さらに水も睡眠時間と同様に意識して摂ることが大切で、1日2リットルくらい飲むと良いとされています。普段あまり水を飲まない人は朝起きたらコップ一杯飲むことから始めてみましょう。さらに外出時にはマイボトルで持ち歩き、食事や仕事中の水分補給に意識して摂るようにすると水を飲む習慣がつきます。

水をたっぷり摂ることで代謝促進につながり、老廃物を外に出しやすくなります。ニキビは体内の老廃物の蓄積によってできますが、代謝が良くなり老廃物が出ていきやすくなるとできにくくなります。そのため代謝を良くする習慣づけがニキビ予防になります。