子どもの口臭が気になる原因は?

大人になり、年齢が重なると口臭が気になる方が多いですよね

自分で気づいて周りの評価が気にして悩む機会が増えていきます

しかし、口臭が気になる悩みは大人だけではありません

実は、子どもでも口臭が気になることがあるのです

「口臭は大人だけだと思っていたのに。。」

と不安に思う保護者の方も多いと思います。

この記事では、子どもの口臭の原因を考えます

子どもの口臭の原因は大きく2つあります。

・歯磨き不足

・咀嚼の回数不足

です

・歯磨き不足

子どもが小さいうちは保護者の方が代わりに歯磨きをしてあげる家庭が多いと思います

しかし、小学生になると徐々に子どもが自分でやることが増えていきます

歯磨きがきちんとできていないと虫歯や歯周病になる可能性が高くなり

口臭の原因にもなります

子どもだけの歯磨きは正しくできているかわかりません

保護者が正しい歯磨きを教え、正しい歯磨き習慣を身に付けるようにしましょう

本音口コミ!ブレスマイルウォッシュの効果から解約方法までを完全レポート!

・咀嚼の回数不足

「ご飯を食べる時はよく噛んで食べようね」と子どもに伝えると思いますが

これは口臭予防につながります。

咀嚼をすることにより唾液が分泌されます

唾液は口内を洗浄し、口の乾燥を防ぎます

直接的に口臭予防につながるので、食事の時には子どもにしつこく咀嚼するするように促しましょう

まとめると

口臭には必ず原因があります

自分の子どもにはどんな原因があるのか考え、対策をしましょう

対策しても改善がみられない場合は病院に行くことがおすすめです